カンタン不動産売却

一戸建てやマンションなど、家を高く売る!

不動産売却時の抵当権抹消手続きとは?自分で行う方法と必要書類や費用まで詳しく解説!

更新日:

不動産売却時の抵当権抹消手続きとは?費用や必要書類などおさえておきたいことを詳しく解説!

家の売却前には抵当権を外しておく必要があります。

住宅ローンを借りて購入した物件は、ローンを完済しても、手続きを行わないと抵当権は消えません。抵当権の抹消手続きは、法務局の窓口や郵送でかんたんに行えます。

この記事では、抵当権の確認方法や抹消手続きの方法をわかりやすく解説しています。

抵当権の抹消手続きとは?

そもそも抵当権って何?

抵当権についての説明

抵当権はいわば担保のようなものです。金融機関からローンを借りるときは、購入する不動産を担保にします。

万が一返済が滞った場合、お金を貸した金融機関は物件を競売にかける権利(弁済)を得られます。これが抵当権です。

抵当権の仕組み

抵当権はローンを返済しなければ消えることはありません。不動産売買では、購入するときに必ず抵当権の有無を調べます。

買主からすれば、抵当権がついている物件=いつでも銀行に不動産を競売にかけられてしまうため売却は厳しいです。

注意したい点はローンを完済しても、抵当権の抹消手続きを行わなければ、不動産の情報や記録がかかれた登記簿上では抵当権が設定されたままということです。

抵当権の抹消手続きとは?

抵当権の抹消手続きの説明

通常、物件を売る前に、登記簿上の抵当権を外します。抵当権を外すための手続きのことを、『抵当権抹消手続き』といいます。

買主側からは『ローン残高があるから抵当権があるのか』、『ローンを完済したが抵当権を抹消する手続きをしていないのか』は判断できません。

たとえ口頭で「ローンは完済しましたが抵当権抹消の手続きしていません」と言ったとしても、信用してもらうことは難しいでしょう。

そのためにも登記簿上で正式に抵当権を消す手続きが必要です。

抵当権の抹消手続きはいつ行えば良いの?

抵当権の抹消手続きを行う時期

抵当権の抹消手続きは、不動産売却までに必ずおこなっておきましょう。抵当権がついていても査定はしてもらえますが、実際に売却する際には抵当権を外しておかなければいけません。

抵当権を外す手続き自体はかんたんですが、思わぬ書類の紛失がある場合もあります。はやめの申請をしておくことをオススメします。

一般的には、不動産を売却した際の費用でローンの返済を行い、抵当権の抹消手続きを行うため、不動産の引き渡しを行う「残代金決済」と同時に手続きを行います。

自分で抵当権の抹消手続きを行う方法は?

「残代金決済」と同時に手続きを行わず、自分で抵当権の抹消手続き行う場合は?

抵当権の抹消手続き方法はとても簡単です。以下のことを行うだけです。

抵当権の抹消手続きの流れ

抵当権の抹消手続きは自分で行うか、もしくは司法書士に依頼することも可能です。

不動産を売却した際の費用でローンの返済を行う方は、引き渡しの際に残金の支払いと抵当権の抹消手続き・所有権移動を行う『同時決済』を行います。同時決済は通常、司法書士が行います。

売却する不動産に抵当権があるか確認する方法は?

家を購入する際、金融機関からローンを借りた人は、必ず抵当権がついています。 またすでに住宅ローンの返済が完了している人も、自分で抵当権を抹消しない限り抵当権はついたままです。

相続した物件であったり、記憶があやふやだったりする人は念のために調べておくと安心ですね。抵当権の確認方法は、以下3つの方法があります。

抵当権を確認する方法

一番おすすめは、「インターネットで調べる」方法で、24時間自宅でかんたんに登記簿の情報をみられるためとても便利です。料金は300円からで、初回ログイン時の1回のみ、一時利用として、登録後すぐに登記簿を閲覧できます。

登記簿については、以下の記事で詳しく解説しています。

CHECK
不動産登記(登記簿謄本・登記事項証明書)について解説!閲覧方法や取得に掛かる費用も紹介!
不動産登記についての解説

不動産登記(登記簿謄本・登記事項証明書)は、不動産の住民票・履歴書のような役割をもっています。登記されている情報から、不動産の面積や所在地、所有権や住宅ローンの有無などがわかります。 登記簿の情報を知 ...

抵当権は登記簿謄本のどこを見れば分かるの?

抵当権は、登記簿謄本で確認することができます。登記簿謄本は家の記録や情報が詳しくかかれたもので、登記所で保管されています。

登記簿謄本によってどんな不動産があるのか、また誰のものなのかを把握できるように作成されています。

登記簿謄本は、1個の物件ごとに表題部と権利部に区分して作成されています。抵当権がついているかどうかは、登記簿謄本の『権利部(乙区)の所有権以外の権利に関する事項 』を確認しましょう。

登記簿謄本の抵当権について確認する場所

抵当権が抹消されている場合は、抵当権抹消したことと、解除した日付が記載されています。

実際に抵当権の抹消手続きを法務局で行う手順

抵当権の抹消手続きは、物件の所在地を管轄する法務局にて行います。抵当権の確認は全国の法務局で出来ますが、抹消手続きが行えるのは物件の管轄の法務局のみです。

各法務局のホームページ

各法務局のホームページ

手続きは管轄の法務局の窓口に行って手続きをする方法と、管轄法務局に郵送(※ただし書留のみ)で手続きをする方法があります。抵当権抹消手続きのための手続きに必要なものと、費用や抵当権を外す時期について解説します。

手続きに必要な書類や用意するものは?

抵当権抹消の手続きに必要なものは、ローン完済後に送られてきた書類一式と、抵当権抹消申請書、押印と印紙代です。必要なものを以下に詳しくまとめました。

銀行から送られてくる書類
  • 登記原因証明情報(解除証明書)
  • 抵当権設定契約書(登記済証、もしくはは登記識別情報)
  • 委任状
※銀行によって書類の名称が異なります。送られてきた書類一式と考えておきましょう。
自分で用意するもの
  • 抵当権抹消登記申請書
  • 登録免許税分の印紙代(※郵送の場合は印紙、法務局にいく場合は法務局内で購入可能)
  • 郵送の場合は返信用のレターパックプラスor『書留料金+100円分』の切手
  • 認印
登録申請書は法務局ホームページ、“16)抵当権抹消登記申請書”の項目からダウンロードできます。手書きでの記入も問題ないようです。

申請書には押印をする箇所があるので、提出前にしっかりチェックしておきましょう。

抵当権抹消登記申請書の記入方法

手続きの際に提出をする、抵当権抹消登記申請書の書き方を紹介していきます。

抵当権抹消登記申請書

①原因
金融機関から送付されてきた書類のなかの、登記原因証明書(解除証明、弁済証書)に記載されている内容とおりに書きます。『○○年▲▲月××日解除』『○○年▲▲月××日弁済』など。
②権利者
登記簿(登記事項証明書)に記載されている不動産の所有者住所と氏名を書きます。
③義務者
登記簿に記載されている抵当権者(お金を貸した金融機関)の所在地、会社名、代表者の氏名を記入します。
④登録免許税額
登録免許税額をかきます。計算方法は登記されている建物と土地の個数×1000円です。
⑤不動産の表示
物件の登記簿(登記事項証明書)に記載されている不動産の表示を記入します。

手続きに費用は掛かるの?

抵当権の抹消手続きには、不動産登録免許税が発生します。

登録免許税は登記されている土地、建物1件ごとに1,000円ずつかかります。通常一戸建ての場合、土地と建物で2個と計算して

1,000円×2個=2,000円となります。

マンションの場合は、土地が広大なため複数の土地が登記されている場合があります。

金融機関から送付されてきた『抵当権設定契約書』の『物件の表示』を確認しましょう。物件の表示の個数分だけ登録免許税が必要です。

その他に郵送の場合は、郵送の費用がかかります。

代理人でも手続きはできるの?

代理人でも手続きは行えます。私が最寄りの法務局に訪ねたときの、代理人の手続きの内容をまとめました。

必要な書類は以下のものです。

  • 金融機関から送付されてくる抵当権抹消手続きの書類一式
  • 所有者と代理人の認印
  • ローン契約書の住所が前の住所だった場合は、所有者の住民票

最寄りの法務局の相談窓口を予約して、上記の持ち物を持参すれば詳しい書き方を教えてくれるとのことでした。

ただし、細かい規定などは変わる場合があります。一度電話して問い合わせをしておくと安心ですね。

郵送で手続きを行う方法は?

郵送で抹消手続きも行えます。必要書類を封筒に入れて、書留で管轄法務局まで送ります。

送付する際は、宛名をかいた返信用封筒に『書留料金+100円分』の切手を貼って(もしくはレターパックプラス)同封することも忘れないでください。

まとめ

金融機関から住宅ローンを借りて家を購入したら抵当権は必ずついています。

また金融機関は、抵当権を外してはくれません。自分で抵当権抹消手続きを行うか、司法書士に依頼するなどの手続きを踏む必要があります。

売却費用でローンを完済するケースなど以外では、売却前に抵当権抹消の手続きを行っておきましょう。

抵当権の抹消は郵送でも行えますし、わからないことがあれば法務局に電話するば教えてもらえます。早めに行っておくとスムーズに売却ができます。

以上、抵当権の抹消手続きについての解説でした。

おすすめ一括査定サイト

HOME4U 運営歴と査定実績No.1で安心

HOME4U
  • 査定対象:一戸建て・マンション
  • 提携業者:900社以上
  • 対応地域:全国
  • 最大6社に一括査定依頼
  • 最短60秒で査定依頼可能
  • 運営:2001年~ 累計20万件以上査定

イエウール

  • 査定対象:一戸建て・マンション・土地
  • 提携業者:1400社以上
  • 対応地域:全国
  • 最大6社に一括査定依頼
  • 最短60秒で査定依頼可能
  • 運営:2013年~ 累計1000万人利用

リビンマッチ不動産価格の満足度1位

  • 査定対象:一戸建て・マンション
  • 提携業者:1300社以上
  • 対応地域:全国
  • 最大6社に一括査定依頼
  • 最短45秒で査定依頼可能
  • 運営:2006年~ 年間440万人利用
  • この記事を書いた人
渡辺歩

渡辺歩(わたなべあゆみ)

祖母のビルの運営がきっかけで不動産業界を徹底的に勉強。ビルの運用、中古の一軒家売却、新築の一軒家を購入した経験あり。 多数の不動産会社関係のメディアやHPにて実名での記事を執筆。 自分自身、知識が無いときに不動産を売却して後悔したことがあるので、同じような立場の方に良い情報を提供できるよう努めています。

-不動産売却の基礎知識

Copyright© カンタン不動産売却 , 2018 All Rights Reserved.