カンタン不動産売却

一戸建てやマンションなど、家を高く売る!

不動産売却の残代金決済とは?当日の手続きの流れから必要書類まで知っておきたいポイントを紹介!

更新日:

不動産売却の残代金決済とは?当日の手続きの流れから必要書類まで知っておきたいポイントを紹介!

残代金決済では、買主から物件の売却金額を受け取り、不動産の引き渡しを行います。

同時に、売主の所有権を買主へと移します。残代金決済が終われば、不動産売却の取引は終わりです。大きなお金が動くため、緊張したり不安だったりしますよね。

残代金決済は不動産会社がすすめてくれますが、「何をするのか」また「どこで誰と行うのか」知っておくと安心です。

この記事では、残代金決済の流れと書類、日程や場所、誰と行うのか詳しく解説していきます。

残代金決済とは?

残代金決済についての説明

残代金決済では所有権を売主から買主に移し、同時に買主からの残代金(物件売却価格から手付金や申し込み金をひいたお金)を受領します。

もし、売主に住宅ローンがあり、買主からの支払いでローンを完済する場合は、この時に抵当権も同時に抹消する同時決済を行います。

ローンの実行、残金の決済、登記の変更申請を同時に行いますが、これらの手続きのうち一つでも不備があると、残代金決済は進みません。しかし、スムーズに手続きをすすめるために、不動産会社や司法書士がリードしてくれますので安心してください。

売主が気をつけるのは、当日遅刻しないことと、忘れものをしないことぐらいです。

残代金を受け取り後、固定資産税の清算を行い、買主に家の鍵や各種関係書類を引き渡します。残代金決済が終われば、取引は終了です。

残代金決済の手続きが完了した時点で、家の所有者は売主ではなく買主となります。

残代金決済の日に、不動産会社に仲介手数料を支払います。仲介手数料の支払いがあることも忘れないでくださいね。仲介手数料支払えば、不動産の売却は無事終了です!

残代金決済を行う日までに売主と買主が立ち会って物件の確認

残代金決済を行う日までに、売主と買主が立ち会って不動産会社で物件の状況の最終確認をします。

売買契約で交わした契約通りに引き渡しが行われるか、『付帯設備表』や『物件状況等報告書』にもとづき境界の確認や設備を確認してきます。

引き渡すことが決まっている付帯設備表に記載されている給湯器やエアコンなどの設備が揃っているか、また物件状況等報告書に書かれている以外の傷や不具合ができていないか、あらためて確認しておきましょう。

残代金決済の流れは?

ここでは、残代金決済の具体的な流れを解説していきます。残代金決済の流れは以下の通りです。

残代金決済の流れ

それでは、それぞれの手続きについて詳しく解説していきます。

①売買に関する書類に署名押印を行う

所有権移転登記の申請の書類と委任状などの書類に目を通し、署名捺印をしていきます。

売却費用をローン返済にあてて完済する場合などは、抵当権抹消抵手続きの書類にも署名捺印をします。

②登記申請の代行を司法書士に依頼を行う

登記の変更手続きは、司法書士が代行します。①で署名した登記変更に必要な書類(抵当権がある場合は抵当権の抹消手続きも行う)を、司法書士に確認をしてもらいます。

ここで必要な書類が揃わなければ当日の取引は行われません。事前に仲介を依頼した不動産会社と手続きについて確認をしておきましょう。

抵当権についての詳しい説明はこちらの記事を参考にしてください。

司法書士の報酬については、売買契約で取り決めますが、一般的には買主側が依頼した司法書士が手続きを行い、費用は買主側が負担します。

ただし、売主が住宅ローンに残金がある場合は所有権の移転手続き以外に抵当権の抹消手続きを行う必要があるため、売主も司法書士の報酬を一部負担することがあります。

③残代金の受け取り手続きを行う

司法書士が登記変更の書類を確認を終えると、司法書士が金融機関の融資担当者に融資の実行を指示します。

買主融資先の金融機関から買主にいったんお金が振り込まれ、その後売主の口座に振り込まれます。通常、残代金の送金は振り込みで行われます。

④固定資産税等の精算を行う

買主からの残代金を受け取ったら、以下の清算を行います。

  • 固定資産税・都市計画税の清算
  • 公共料金(電気・ガス・水道)の清算の確認
  • 管理費・修繕積立金(マンションの場合)の清算

基本的に引渡し前日までは売主の負担、当日からは買主側の負担として日割りで清算を行います。マンションの場合は他に管理費と修繕積立金などの精算もします。

また売主は残代金決済(引き渡し)までに電気・ガス・水道の契約を解約し、清算をすませておかなければいけません。各種契約が清算を忘れないでおきましょう。

⑤鍵や関係書類の引渡しを行う

鍵の引き渡しと関係書類の引き渡しを行います。鍵は玄関だけではなく、勝手口や宅配ボックス、ゴミステーションの鍵など物件のすべての鍵を買主に渡します。

また以下の書類も買主に渡します。

  • 実測図などの建築書類
  • 付帯する設備の保証書と取扱説明書
  • 管理規約やパンフレット(マンションの場合)

引き渡しが完了したら、『引渡し確認書』を買主から受け取ります。

⑥不動産会社への仲介手数料を支払う

引き渡しが完了したら、不動産会社と結んだ媒介契約に基づいて、仲介手数料を支払います。仲介手数料を支払ったら不動産会社から領収書を受け取ります。

基本的に現金払いです。振り込みを希望する場合は、不動産会社に確認しておきましょう。

以上で、残代金決済の手続きは完了し、不動産売却に関する取引もすべて終了となります。

売主が残代金決済時に用意する必要な書類は?

売主が残代金決済のときに用意する書類や持ち物を以下の表にまとめました。

必要書類は不動産会社から詳しい指示があります。確認して忘れることがないように注意しましょう。

必要なもの 備考
①登記に関する書類 登記済権利証(登記識別情報)
②実印 なし
③印鑑証明書 発行から3カ月以内
④仲介手数料 規定の金額
⑤登記費用 住所変更、抵当権抹消がある場合
⑥物件の鍵 物件のすべての鍵
⑦印紙代 規定の金額
⑧本人確認書類 写真がついているもの
⑨固定資産税・都市計画税納付書 指定された年度のもの
⑩公共料金の清算領収書 契約していた電気・ガス・水道
⑪設備の取扱説明書・建築書類・パンフレット・管理規約など 物件に関するもの
⑫通帳 送金確認のため

印鑑証明書は発行から3カ月以内となっているので、期限をチェックしておきましょう。また当日、仲介手数料を不動産会社に支払いますので支払い金額や、支払い方法(通常は現金)も確認しておくと良いですね。

書類が「これであっているか不安…」という人は、事前に持ち物を不動産会社に持ち込んで確認してもらうと安心です。

手続きはいつどこで行うの?

残代金決済は、買主が融資をうける金融機関のブース、会議室や応接室などで行われます。

金融機関は平日しか営業してませんので、平日で買主・売主、双方のスケジュールが合う日を調整します。登記などの手続きがあるため、残代金決済は午前中に実行することが多いです。

手続きを行う際にどんな人が集まるの?

ケースによってはさまざまですが、基本的に残代金決済は以下の人が集まって行います。

残代金決済の手続きで集まる関係者
  • 売主
  • 売主の不動産会社の担当者
  • 司法書士
  • 買主
  • 買主の不動産会社の担当者

ただし、売主と買主の仲介不動産会社が同じ場合は、担当者が同一の場合もあります。

司法書士は、所有権と抵当権の権利関係の手続きを行い、売主と買主の不動産会社は残代金決済の一連の手続きの進行とフォローをしてくれます。売主は不動産会社の担当の指示に従って動いておけばOKで、難しいことはありません。

残代金決済自体も時期によりますが、大体1~2時間で終わります。

まとめ

残代金決済について解説してきました。

基本的に不動産会社がすすめてくれますので、安心してください。持ち物と時間の確認だけ忘れないように気を付けましょう。

残代金決済は、不動産売却における最後のセレモニー(手続き)となります。スムーズに手続きが終わるように、事前準備をしっかり行いましょう!

以上、残代金決済についての解説でした。

おすすめ一括査定サイト

HOME4U 運営歴と査定実績No.1で安心

HOME4U
  • 査定対象:一戸建て・マンション
  • 提携業者:900社以上
  • 対応地域:全国
  • 最大6社に一括査定依頼
  • 最短60秒で査定依頼可能
  • 運営:2001年~ 累計20万件以上査定

イエウール

  • 査定対象:一戸建て・マンション・土地
  • 提携業者:1400社以上
  • 対応地域:全国
  • 最大6社に一括査定依頼
  • 最短60秒で査定依頼可能
  • 運営:2013年~ 累計1000万人利用

リビンマッチ不動産価格の満足度1位

  • 査定対象:一戸建て・マンション
  • 提携業者:1300社以上
  • 対応地域:全国
  • 最大6社に一括査定依頼
  • 最短45秒で査定依頼可能
  • 運営:2006年~ 年間440万人利用
  • この記事を書いた人
渡辺歩

渡辺歩(わたなべあゆみ)

祖母のビルの運営がきっかけで不動産業界を徹底的に勉強。ビルの運用、中古の一軒家売却、新築の一軒家を購入した経験あり。 多数の不動産会社関係のメディアやHPにて実名での記事を執筆。 自分自身、知識が無いときに不動産を売却して後悔したことがあるので、同じような立場の方に良い情報を提供できるよう努めています。

-不動産売却の基礎知識

Copyright© カンタン不動産売却 , 2018 All Rights Reserved.