カンタン不動産売却

一戸建てやマンションなど、家を高く売る!

レインズ(不動産流通標準情報システム)とは?概要や利用方法を紹介!

更新日:

「レインズ」とは?不動産流通標準情報システムの概要や利用方法を紹介!

不動売却について調べていているなかで、初めて不動産流通標準情報システム「レインズ」の存在を知るのではないでしょうか?

「レインズ」とは、中古物件(家・マンション)や土地情報を交換するための不動産情報ネットワークのことです。インターネット上でリアルタイムに、不動産の情報を検索・閲覧や提供ができるため、より早い売買が可能となります。

「レインズ」を閲覧できるのは、宅地建物取引士の資格を所持する不動産会社で、かつ「レインズの会員」であることが条件です。つまり一般の人はみれません。

この記事では、「レインズ」の概要や特徴について、詳しく説明しています。

不動産流通標準情報システム「レインズ」とは?

「レインズ」は、かんたんに説明をすると、不動産業者専用の『SUMO』や『at home』のような不動産情報サイトです。

かつては、不動産会社それぞれが物件の情報を自社のみでもっており、不動産業界は非常にクローズドでした。なぜクローズドな業界であったかとういうと、不動産会社は、仲介成立後に手数料をもらえるので、仲介の途中でライバルに横取りされないようにするためという理由があったのです。

また売主、買主ともに自社でみつける「両手仲介」で双方から仲介手数料をもらいたい不動産会社側の都合も背景にありました。

しかし、これらのように情報を制限していれば、公平な不動産売買は行わせません。

そこで、不動産を売買しようとしているすべての人が、最新の不動産情報を提供をされ、不動産業界全体のバックアップをうけられるように、と作られたのが「レインズ」です。

「レインズ」に登録している不動産会社は、インターネット上でリアルタイムで売りに出された、不動産の情報を検索・閲覧や提供ができるため、より早い売買が可能となります。

「レインズ」は国土交通大臣の指定を受けた『指定流通機構』と呼ばれる、公益社団法人や公益財団法人によって運営されており、いわば国のお墨付きがある不動産情報システムなので、安心して利用できます。

売却中の不動産情報や過去の取引情報が分かる

「レインズ」を閲覧することで、「売却中の不動産情報」と「過去の取引情報(実際に売買された金額)」が分かります。

「売却中の不動産情報」では、現在、不動産会社に売却を依頼している以下の物件情報について知ることができます。これらは、不動産を売却をするときに、不動産会社が登録します。

  • 住所
  • 駅までの距離
  • 価格
  • 面積
  • 間取り
  • 駐車場の有無
  • 都市計画
  • 権利
  • 図面

「過去の取引動向」では、これまで売買された不動産に関する情報について知ることができます。

「レインズ」登録した不動産の取引情報は、必ず報告をしなければいけません。そのため、売買された実際の取引金額も、データとして蓄積されています。

家、マンション、土地などを売却する際の査定では、「レインズ」の取引事例も参考にして行われています。

「レインズ会員」に入っている不動産会社で閲覧できる

「レインズ」は、不動産会社で検索をしてもらうことで、閲覧をすることができます。ただし、宅地建物取引士の資格をもった不動産会社で、かつ「レインズ会員」になっていることが条件です。

「レインズ会員」の不動産会社の店頭には、以下のレインズマークが提示されています。

レインズマーク

レインズの登録確認や、 ステータス状況を確認をするには、以下の条件がありますので注意してください。

注意ポイント

  • 不動産会社で平成28年1月以降に 媒介契約を締結・ 更新していること
  • 専属専任・専任媒介契約を締結・更新していること

一般媒介契約は、 レインズのホームページ上で 不動産登録の確認ができません。

個人でも取引動向の大まかな情報は、「レインズマーケットインフォメーション」や「不動産ジャパン」で閲覧することができますが、個人の情報が特定できないようにしているため、取引情報の詳細まではわかりません。

そのため、「レインズ」の詳細情報を知るためには、不動産会社に行って尋ねる必要があります。

「レインズ」に登録されるのはいつ?

不動産会社と結ぶ媒介契約によって異なる

不動産会社が「レインズ」への物件登録する時期は、媒介契約により異なります。

媒介契約は、専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約があります。レインズに登録されるタイミングを以下にまとめました。

レインズの登録時期
専属専任媒介契約 媒介契約を結んでから5日以内
専任媒介契約 媒介契約を結んでから7日以内
一般媒介契約 レインズへの登録義務なし

専任専任・専任媒介契約を結ぶと、不動産会社に対してレインズの登録義務が発生して、それぞれ登録期限が5日・7日以内と決められています。しかし、一般媒介契約には、不動産会社には、レインズへの登録義務がありません。

ただし、不動産会社に対して登録義務がないだけで「一般媒介契約=レインズに登録できない」という訳ではありません。

一般媒介契約で「不動産情報をレインズに登録してほしい」という人は、媒介契約を依頼する不動産会社にあらかじめ相談してみましょう。一般媒介契約でも、レインズに登録してくれるケースも多々あります。

「レインズ」への登録は拒否は可能です!

「近所の人に家を売ることを知られたくない」・「全国の不動産会社に不動産の情報を知られたくない」という人は、レインズの登録を拒否できます。ここでは拒否した場合の注意点を説明していきます。

「レインズ」へ不動産を登録をしなくても売却できます

不動産会社は売却希望者も、購入希望者もどちらも仲介していることがほとんどです。そのため、自社で相談を受けている購入希望者だけに不動産を紹介する販売方法をとることもできるのです。

登録を拒否した場合の注意点

レインズの登録を拒否した場合、以下のデメリットがありますので注意してください。

注意ポイント

  • 他の不動産会社に情報がいきとどかない
  • 営業方法が限られてしまう

不動産を早く、高く売るには、「不動産の情報を沢山の人に知ってもらう」ということが非常に重要です。

レインズに登録しないと、他の不動産会社へ不動産の情報を知ってもらうことができません。そのため売却は不利になってしまいます。

しかし、レインズ登録しないことが絶対に「売却できなくなる」ことに繋がるわけではありません。

大手や地元に特化した不動産会社で、顧客が多ければ、レインズに登録しなくても早く売却することもできますし、良い不動産(相場より安い)であれば、そもそもレインズ登録する前にあっという間に売れてしまうのがセオリーです。

特別な事情があり、不動産の情報をなるべく他人に知らせず売却したい場合は、その旨を不動産会社に伝えてみてください。

「レインズ」を閲覧する際はここを確認してほしい

「レインズ」の登録は不動産会社が行ってくれます。「レインズ」で売主が留意しておくべき点は、「きちんと登録されているかどうかを確認」をすることです。

ここでは、「レインズ」を閲覧するときに確認するべきポイントや、注意点について説明します。

確認しておきたいポイントは以下のとおりです。

ポイント

  1. レインズに本当に登録されているか
  2. レインズの記載事項に間違いがないか
  3. 定期的にステータスを確認する

①レインズに本当に登録されているか

登録義務がありながら、レインズに登録しない不動産会社も少なからず実在するようです。念のため、本当にレインズに登録されているか、自分で確認する必要があります。

②レインズ記載事項に間違いがないか

レインズに登録をすると、不動産会社から「登録証明書」が発行されます。登録証明書を受け取ったら、必ずその内容に間違いがないかを確認してください。

登録された時点で、情報がオンライン上で、他の不動産会社に提供されています。誤りがあった場合は、不動産会社に情報の訂正をしてもらった上で、「変更証明書」の交付を受けてください。

③定期的にステータスを確認する

また、レインズでのステータスから、取引状況より「公開中」「書面による購入申込みあり」「売主都合で一時紹介停止中」に設定されています。

購入申し込みや、停止の依頼をしていないにもかかわらず、レインズ上のステータス画面が「 書面による購入申込あり」「 売主都合で一時紹介停止中」になっていないかを確認をしておきましょう。

不動産会社が他の業者から、依頼が入ってこないように、 ステータス画面を勝手に変更している可能性もあります。

悪徳な業者がいないと信じたいところですが、金額が大きな取引となるため、念には念を入れて定期的にチェックをしておくとこちらも安心ですね。

「レインズ」に登録されている物件情報の使い方や見方は?

ここでは、「レインズ」に登録されている物件情報の確認方法や、取引動向を調べる方法を解説していきます。

「レインズ」に登録されている物件情報の確認方法

「レインズ」に不動産が登録がされているか、確認する方法を説明してきます。

①下記の都道府県ごとの管轄先のレインズのサイトにて行ってください

物件所在地 情報登録確認先
東日本 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、
山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、
埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、
新潟県、長野県

東日本レインズ
中部圏 富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、
愛知県、三重県

中部レインズ
近畿圏 滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、
和歌山県

近畿レインズ
西日本 鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、
徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、
佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、
鹿児島県、沖縄県

西日本レインズ

②登録証明書に記載されている「確認用ID」と「確認用パスワード」を入力し、[ログイン]をクリック

登録証明書

出典:近畿レインズ

③登録されている内容と状況が表示されます

この画面からレインズに登録されている物件情報・図面・取引状況・取引状況の補足が確認できます。

レインズの登録内容

レインズで取引動向を知らべる方法

レインズの取引動向を調べる方法を紹介していきます。

①レインズマーケットインフォメーションにアクセスします

レインズマーケットインフォメーションにアクセスする。

レインズマーケットインフォメーション

マンションもしくは戸建ごとに検索したい都道府県と、市町村を入力して検索をクリックします。

②指定エリアの取引歴がわかります

さらに詳細条件がある場合は、詳細も入力して検索してください。

レインズマーケットインフォメーションの取引履歴

まとめ

「レインズ」は国のお墨付きの不動産情報ネットワークシステムです。

「レインズ」を閲覧できるのは、宅地建物取引士の資格を所持する不動産会社で、かつ「レインズの会員」であることが条件です。つまり一般の人はみれません。

ただし、不動産ジャパンは実質「レインズ」に登録されている不動産をみることが可能です。

また不動産会社が「レインズ」への登録義務があるのは、専属専任・専任媒介契約のみです。一般媒介契約では、「レインズ」への登録義務はありません。

「レインズ」の登録拒否は可能です。近所に知られたくない人は、不動産会社に相談してみてください。

以上、不動産流通標準情報システム「レインズ」についての解説でした。

おすすめ一括査定サイト

HOME4U 運営歴と査定実績No.1で安心

HOME4U
  • 査定対象:一戸建て・マンション
  • 提携業者:900社以上
  • 対応地域:全国
  • 最大6社に一括査定依頼
  • 最短60秒で査定依頼可能
  • 運営:2001年~ 累計20万件以上査定

イエウール

  • 査定対象:一戸建て・マンション・土地
  • 提携業者:1400社以上
  • 対応地域:全国
  • 最大6社に一括査定依頼
  • 最短60秒で査定依頼可能
  • 運営:2013年~ 累計1000万人利用

リビンマッチ不動産価格の満足度1位

  • 査定対象:一戸建て・マンション
  • 提携業者:1300社以上
  • 対応地域:全国
  • 最大6社に一括査定依頼
  • 最短45秒で査定依頼可能
  • 運営:2006年~ 年間440万人利用
  • この記事を書いた人
渡辺歩

渡辺歩(わたなべあゆみ)

祖母のビルの運営がきっかけで不動産業界を徹底的に勉強。ビルの運用、中古の一軒家売却、新築の一軒家を購入した経験あり。 多数の不動産会社関係のメディアやHPにて実名での記事を執筆。 自分自身、知識が無いときに不動産を売却して後悔したことがあるので、同じような立場の方に良い情報を提供できるよう努めています。

-不動産売却の基礎知識

Copyright© カンタン不動産売却 , 2018 All Rights Reserved.