カンタン不動産売却

一戸建てやマンションなど、家を高く売る!

家(一戸建て・マンション)を早く売りたい場合の方法は?不動産の売却期間について詳しく解説!

更新日:

家を早く売りたい場合の方法は?不動産の売却期間について詳しく解説!

一戸建て、マンションの売却は最短でも約2ヶ月時間がかかります。早く売るためには、家の引き渡しまでの各ステップの時間を短縮していくことが重要です。

依頼する不動産会社を一括査定サイトで早く決定し、相場より少し安くする・複数の会社と媒介契約を結ぶ(一般媒介契約)などをして工夫をしていきましょう!

この記事では、売却までのステップごとにかかる期間(最短の時間と一般的な時間)と、早く売却するコツなどを紹介しています。最短期間で家を売却したい人はぜひ参考にしてください。

一戸建て・マンションの売却活動に掛かる一般的な期間と最短期間

一戸建て・マンションなど家の売却活動に掛かる一般的な期間と最短期間を下記表にまとめました。

売却にかかる期間は一般的には約3ヵ月~6ヶ月、最短では約2ヵ月です。※売却までの各ステップには、日程調整が必要のためつなぎの期間も考慮しています。

ステップ 最短期間 一般的な期間 備考
①不動産会社を探す 1日 1週間~2週間 一括査定サイトを利用した場合は、簡単に探すことができます。
②不動産会社と契約する 1日 1日 「専属専任」「専任」「一般」から媒介契約を選ぶ
③不動産会社に販売活動をしてもらう 1週間~2週間 1ヵ月~2ヶ月 買主が見つかるまでの期間
④内覧 1日(1時間程度) 1日(1時間程度) 希望者に実施
⑤売買契約を結ぶ 1日(3時間程度) 1日(3時間程度) 買主と売主双方のスケジュールが合う日程を調整
⑥買主がローンを借りる場合はローン審査がある 2週間 2週間~1ヵ月 買主が見つかるまでの期間
⑦引き渡し(残代金決済) 1日(2・3時間程度) 1日(2・3時間程度) 買主と売主双方のスケジュールが合う日を調整
合計期間 約2ヵ月 約3ヵ月~6ヵ月 各ステップごとに発生する空白期間も計算

※あくまでも目安となります。

家を早く売却したい場合は目標設定を明確に設定する

家を早期売却するためには、いつまでに買主をみつけて、売買契約をしたら良いのかを、明確にしておく必要があります。各期間での目標期間をお伝えします。

不動産の売買契約については、以下の記事で詳しく解説しています。

CHECK
不動産売却の売買契約の流れは?成立要件から必要書類などおさえておきたいポイントを紹介!
不動産売却の売買契約の流れは?成立要件から必要書類などおさえておきたいポイントを紹介!

家・マンション・土地など不動産の売却で、買主から申し込みをもらい、売主が同意したら売買契約を結びます。 売買契約は、いったんサインや押印をすれば、法的な力をもつ文章となります。売買契約書の内容をしっか ...

家を最短で売却するなら最低2ヵ月必要!

査定から家の引き渡しを完了させるまでに、最短で約2カ月かかります。

早く家を売るためには以下のポイントを気を付けるとスムーズに動けます。

ポイント

  • 不動産会社の選定は早めに!
  • 必要書類を用意しておく
  • レスポンスを迅速に行う(内覧希望者がみつかったらすぐ内覧できるようにスケジュールを空けておく)
  • 内覧のために部屋をキレイにしておく

特に、最初のステップである不動産会社の選定に時間をかけないことが非常に重要です。

一括査定サイトを利用すれば複数の不動産会社に一括で査定を依頼できるため、より早く依頼する不動産会社を決めることが可能です。一括査定サイトを利用して、不動産会社選びの期間を短縮することをオススメします。

一括査定サイトについては、以下の記事で詳しく解説しています。

CHECK
不動産売却の流れ!初心者にも分かりやすく解説!
不動産売却の一括査定サイトとは?使い方の流れやメリット・デメリットを紹介!

不動産を売却するためのサービス『一括査定サイト』について解説していきます。 家、マンション、土地など不動産の売却方法で、どうすれば良いのか分からないという方に、読んで頂き、少しでも役に立つことが出来た ...

売却を早く進めるためには、多くの人に自分の家に興味を持ってもらうわなければいけません。短期間で売却する場合、短期間内で買主を見つける必要があります。そのため家を「他の家より魅力的な物件だ」と思ってもらえるようアピールをしていきましょう。

また、不動産を売却する際にさまざまな書類が必要になります。そのため、事前に準備・用意しておくことで、不動産会社とのやり取りもスムーズに進めることができます。

下記に『一戸建て』『マンション』『土地』ごとに、確認&用意するものまとめましたので、ご確認ください。

さらに多くの人は、立地が良い・築年数が新しい・間取りが良い・部屋がキレイなどの家の条件をふまえた上で、「相場に見合った価格」か「相場に対して安い」ものを購入します。

人気エリアでは相場価格での売却が可能ですが、条件がよくない場合は、少し値下げも考えると良いでしょう。

家を半年以内に売却するなら約4ヵ月以内に売買契約が必要!

半年以内に売却するのであれば3ヵ月、遅くとも4ヵ月には売買契約を締結する必要があります。

ローンの本審査は金融機関にもよりますが、売買契約後に行われ、約2週間~1ヵ月ほどの期間を要します。買主のローン審査が無事おりたら、ようやく引き渡し(所有権の移転・残代金決済など)が行われます。

引き渡しには、銀行営業日の平日に売主・買主の同席が必要です。そのためお互いスケジュールを調整しなければいけません。

売買契約後、買主のローン審査、引き渡し日の調整も含め、売買契約~引き渡しまで、約2ヵ月ほどかかると見積もっておくと良いですね。

家を1年以内に売却するなら約10ヵ月以内に売買契約が必要

家の売却にかかる平均期間は、一般的に3ヵ月~半年と言われています。「1年以内に売却」を目指していると、余裕をもった売却活動ができますね。

買主のローンを利用する場合のローン審査期間、引き渡し(残代金決済)がおおむね2ヶ月かかります。

そのため売買契約は9ヶ月、遅くとも10ヶ月以内に完了させれば1年以内に売却が可能です。

家を早く売却するためのコツを紹介!

ここでは、家を早く売却する上で、具体的なポイントについて解説していきます。

①相場価格より安く売り出す

アットホーム株式会社が、住宅を購入した20代~40代の男女600名を対象にしたアンケートでは、住宅購入の際に重視することのトップは「価格」で78.2%が回答しました。

買主にとって価格が安いか、予算内であるかどうかは非常に重要と伺えます。相場より安く売り出すことは、早く売却できる効果があるでしょう。

ただし、ローン残高がある人は注意が必要です。銀行側に家を担保にしてお金を借りているため、ローン完済をしなければ抵当権を消すことができません。

担保に入れられている家を購入する買主は、ほぼいないです。売却したお金で、ローンを完済できる金額で売却を考えるようにしましょう。

抵当権については、以下の記事で詳しく解説しています。

CHECK
不動産売却時の抵当権抹消手続きとは?費用や必要書類などおさえておきたいことを詳しく解説!
不動産売却時の抵当権抹消手続きとは?

家の売却前には抵当権を外しておく必要があります。 住宅ローンを借りて購入した物件は、ローンを完済しても、手続きを行わないと抵当権は消えません。抵当権の抹消手続きは、法務局の窓口や郵送でかんたんに行えま ...

②不動産会社との媒介契約は一般契約にする

不動産会社に正式に売却を依頼する際には、媒介契約を結びます。媒介契約には以下3つの種類があります。

  1. 専属専任媒介契約
  2. 専任媒介契約
  3. 一般媒介契約

媒介契約については、以下の記事で詳しく解説しています。

CHECK
不動産売却会社と結ぶ媒介契約とは?種類や選び方のポイントを紹介!
不動産売却会社と結ぶ媒介契約とは?種類や選び方のポイントを紹介!

家・マンション・土地などを売却する場合、不動産会社に仲介を依頼しその際に媒介契約を結びます。 媒介契約には、専属専任・専任・一般の3種類の契約形態があります。それぞれの特徴とメリットとデメリットと、選 ...

一般的に、不動産会社の媒介契約では「専属専任」か「専任」どちらかで、媒介契約を結ぶことが多いです。

営業活動は、不動産会社に人件費や広告費がかかってしまうため、「専属専任」か「専任」が好まれます。なぜなら、不動産会社からすれば、家が売れれば必ず自社の利益になるからです。

「一般」だと複数の不動産会社が家を売り出すことになるので、必ず自社の利益になるとは限りません。そのため、営業活動がおろそかになってしまう可能性もあります。

また「一般」だけ不動産会社間の不動産情報検索システム「レインズ」への登録義務がありません。情報が登録されないため、より多くの人に自分の家の情報を見てもらえる機会が減ってしまいます。

売主側にもデメリットとリスクがあるといえるでしょう。

しかし、一般媒介では3種類の媒介契約の中で唯一、複数の不動産会社に売却を依頼できます。

それぞれの不動産会社が抱える顧客に営業してもらえるチャンスが増えるのです。そのため、下記の点を留意しておけば、リスクを減らしつつ「一般」のメリットを享受できます。

  • 2・3社と媒介契約を結ぶ(競合が多すぎると力を入れてもらえない可能性あり)
  • レインズに登録してもらえるように交渉する
  • 営業活動の進歩を不動産会社にこまめに連絡する
  • 買い手がつきやすい価格設定にする(成約できそうな物件は不動産会社からも好まれる)

少し手間はかかりますが、「一般」で媒介契約を結ぶ際には上記の点を気を付けることで、より多くの買主に宣伝できるため、より早く家を売却できる可能性があります。

③信頼できる不動産会社と契約する

不動産会社の中には、いい加減な対応をする業者がいるのも事実です。ろくに広告を出さない・問い合わせの返事がない・内覧希望を断るなどといった、不誠実な対応をされてしまうと、本来であれば売れるものも売れません。

時間だけが無駄に過ぎてしまうため、悪徳不動産会社は絶対に避けたいところです。

しかし、良い不動産会社を見つけるのは1社1社に相談をして話を聞かなければいけないため、非常に時間がかかってしまいます。

そこで数社に相談・査定を依頼できる不動産の「一括査定サイト」を利用して不動産会社探しの時短を目指すことをオススメします。

一括査定サイトを利用して、以下の点に注意して心から信頼できそうな不動産会社を見極めていきましょう。

  • 対応が良いか
  • レスポンスは早いか
  • 査定金額は適切か・根拠はあるのか
  • 営業方法は豊富か

査定の際に好印象を持てる営業マンは、やはり営業が上手いです。買主側に立ったとしても同じように、好印象を持たせることが出来ます。

自分が家を買う立場になったとしても、「この人(不動産会社)から家を買いたいか」を購入者目線で考えてジャッジしましょう。

一括査定サイトを探してみる

下記の検索で、信頼できるおすすめの『一括査定サイト』を探すことができます!

まとめ

家・マンションなど不動産を早く売却する方法について解説してきました。

家の売却期間は、以下のとおりです。

  • 最短期間 ⇒ 2ヵ月
  • 一般的な期間 ⇒ 3ヵ月 ~ 6ヵ月

家を売却するまでの各ステップでは、買主のローン審査に意外と時間がかかります。ローン審査は売主側でどうにかすることは出来ません。

そのため下記の点に注意しましょう!

  • 不動産会社を一括査定サイトで決める
  • 相場より少し安めの金額で売却する(不動産会社と要相談)

また、不動産会社と契約する場合は、一般媒介契約を結び、複数の不動産会社に積極的に営業活動をしてもらうと、早く売却しやすくなります。

以上、家やマンションなど不動産を早く売却する方法についての解説でした。

おすすめ一括査定サイト

HOME4U 運営歴と査定実績No.1で安心

HOME4U
  • 査定対象:一戸建て・マンション
  • 提携業者:900社以上
  • 対応地域:全国
  • 最大6社に一括査定依頼
  • 最短60秒で査定依頼可能
  • 運営:2001年~ 累計20万件以上査定

イエウール

  • 査定対象:一戸建て・マンション・土地
  • 提携業者:1400社以上
  • 対応地域:全国
  • 最大6社に一括査定依頼
  • 最短60秒で査定依頼可能
  • 運営:2013年~ 累計1000万人利用

リビンマッチ不動産価格の満足度1位

  • 査定対象:一戸建て・マンション
  • 提携業者:1300社以上
  • 対応地域:全国
  • 最大6社に一括査定依頼
  • 最短45秒で査定依頼可能
  • 運営:2006年~ 年間440万人利用
  • この記事を書いた人
渡辺歩

渡辺歩(わたなべあゆみ)

祖母のビルの運営がきっかけで不動産業界を徹底的に勉強。ビルの運用、中古の一軒家売却、新築の一軒家を購入した経験あり。 多数の不動産会社関係のメディアやHPにて実名での記事を執筆。 自分自身、知識が無いときに不動産を売却して後悔したことがあるので、同じような立場の方に良い情報を提供できるよう努めています。

-不動産売却の悩みとトラブル

Copyright© カンタン不動産売却 , 2018 All Rights Reserved.