カンタン不動産売却

一戸建てやマンションなど、家を高く売る!

仲介手数料の値引き方法!交渉時のポイントや割引してくれる不動産会社を探す方法も紹介!

更新日:

仲介手数料の値引き方法!交渉時のポイントや割引してくれる不動産会社を探す方法も紹介!

仲介手数料は値引きができます。

不動産会社が、受け取れる仲介手数料の上限が法律で定められているだけで、支払う金額は定められていません。そのため受け取る仲介手数料は不動産会社の自由となります。

しかし、不動産会社は仲介手数料の利益で成り立っているため、値引き交渉することによるデメリットも伴います。

よって最初から値引きをしてくれるれる不動産会者を探すほうがスムーズでしょう。

仲介手数料を安くしてくれる不動産会社は、不動産の一括査定サイトでかんたんに探せます。一括査定サイトは無料で、スマホからの申し込みも可能です。

この記事では仲介手数料の仕組みや、金額ごとの仲介手数料の早見表、また値引きの交渉の方法や、デメリットを解説しています。

仲介手数料とは?

不動産会社を通じて部屋を借りたり、また不動産を売買したりすると『仲介手数料』を支払います。

しかし仲介手数料は実は『上限』だけが決まっていることや、成約報酬であることは知っていますか?ここでは仲介手数料について解説してます。

仲介手数料は、家・マンション・土地の売却が無事成約された際に不動産会社に支払われるもの

家、マンション、土地など不動産の売却を依頼する際に、不動産会社と「媒介契約(ばいかいけいやく)」を結びます。

かんたんに説明すると、媒介契約は不動産会社に買主を見つけてもらうために、営業してもらったり、契約内容の書面を作成したりしてもらったりするために契約を締結します。

媒介契約については、以下の記事で詳しく解説しています。

CHECK
不動産売却会社と結ぶ媒介契約とは?種類や選び方のポイントを紹介!
不動産売却会社と結ぶ媒介契約とは?種類や選び方のポイントを紹介!

家・マンション・土地などを売却する場合、不動産会社に仲介を依頼しその際に媒介契約を結びます。 媒介契約には、専属専任・専任・一般の3種類の契約形態があります。それぞれの特徴とメリットとデメリットと、選 ...

その後、媒介契約を交わした不動産会社を通じて買主が見つかり、売主と買主が無事成約した場合は、仲介手数料が支払われます。

媒介契約を結んで、買主を探してもらっている段階では、仲介手数料は発生しません。また、買主がみつからなかった場合も仲介手数料は発生しません。

買主が見つかり成約した場合は、以下のように売買契約と引き渡しの際に2回に分けて払うケースが多いようです。

  1. 買主と「売買契約」を結んだときに仲介手数料の半額を払う
  2. 引き渡しのときに残り半額の仲介手数料を払う

不動産会社が受け取ることができる仲介手数料には”上限”がある

不動産会社が受け取れる仲介手数料には法令には上限が決められており、仲介手数料は企業によって安くすることも可能です。しかし、実際には仲介手数料の上限金額を支払うケースが多いです。

仲介手数料の上限を下記の表にまとめました。

金額 仲介手数料(税抜)
取引額の200万円以下の金額 5%以内
取引額200万円以上400万以下の金額 4%以内
取引額400万円以上の金額 3%以内

たとえば1,000万の取引に上記の上限金額をあてはめて計算すると、以下のようになります。

  1. 200万×5%=10万(取引額の200万円以下の金額部分)
  2. 200万×4%=8万(取引額200万円以上400万以下の金額部分)
  3. 600万×3%=18万(取引額400万円以上の金額部分)

金額に応じて分割して上限を計算し、合算した金額(A+B+C)の36万が1,000万の取引に対する仲介手数料の上限となります。ただ、分割して計算すると複雑なので、速算できる簡易計算式を使用すると便利です。

簡易計算式は以下の通りです。

簡易計算式
仲介手数料の上限(税抜き)= 取引金額 × 3% + 6万円
仲介手数料の上限(税込み)= 取引金額 × 3% + 6万円+消費税8%

土地の売買に消費税はかかりません。不動産会社の仲介を受けて売買する場合は、建物のみに消費税が課税されます。

そのため、「土地+建物」の仲介手数料の上限を計算するときは、土地部分が非課税になっているか確認しておきましょう。

参考用に取引金額ごとの仲介手数料の上限をまとめました

仲介手数料の金額がわかりやすいように、取引金額ごとの仲介手数料の上限を表にしましたので参考にしてください。

仲介手数料早見表
売買価格 仲介手数料の上限
500万円 22万6千800円
1000万円 38万8千800円
1500万円 55万800円
2000万円 71万2千800円
2500万円 87万4千800円
3000万円 103万6千800円
4000万円 136万800円
5000万円 168万4千800円
6000万円 200万8千800円
7000万円 233万2千800円
8000万円 265万6千800円
9000万円 298万800円
1億円 330万4千800円
2億円 654万4千800円

仲介手数料を値引きする方法

先ほど紹介しましたように、法令により、不動産会社が受け取れる仲介手数料の上限が決めらているだけで、客側が支払わなければいけない仲介手数料の設定はありません。

つまり、企業側が自由に決められるので、値引きは可能なのです。実際に値引きしてくれる不動産会社も存在します。

ここでは、仲介手数料を値引きする方法を紹介します。

ポイント1値引き交渉は媒介契約前に行う

仲介の依頼をうけて媒介契約を結んだあとに、仲介手数料の値引き交渉をされたら、不動産会社からは悪い印象を持たれる可能性が高いです。

また媒介契約をする前だと、媒介契約をしてほしいがために、仲介手数料を多少の値引きをしてもらえるケースもあります。

仲介手数料の値引きを狙うのであれば、媒介契約前に交渉をしてみましょう。

ポイント2仲介手数料を値引きしてくれる不動産会社を探す

不動産の一括査定サイトを使用して、最初から値引きしてくれる不動産を探すのが効率が良くおすすめです。

一括査定サイトでは、『仲介手数料が最大無料』『仲介手数用が半額』などを実施している不動産会が参加していたり、あらかじめ仲介手数料が交渉できたりするため、仲介手数料を値引きしたい人はサービスを活用をしてみましょう。

一括査定サイトについては、以下の記事で詳しく解説しています。

CHECK
不動産売却の流れ!初心者にも分かりやすく解説!
不動産売却の一括査定サイトとは?使い方の流れやメリット・デメリットを紹介!

不動産を売却するためのサービス『一括査定サイト』について解説していきます。 家、マンション、土地など不動産の売却方法で、どうすれば良いのか分からないという方に、読んで頂き、少しでも役に立つことが出来た ...

一括査定サイトを探してみる

信頼できるおすすめの一括査定サイトを探すことができます!

仲介手数料の値引きによるデメリット

仲介手数料の値引き交渉を行うことによるデメリットを解説していきます。

値引き交渉を行うことで不動産会社との関係性が悪くなる

不動産会社は、仲介手数料が会社の利益となります。ダメ元で聞いてみる程度でしたら、特に問題はないでしょう。しかし、あまりにもしつこく値引き交渉するのは、やめておいたほうがよいかしれません。

当たり前のことですが、不動産会社も人間です。不動産会社との関係性が悪くなってしまう可能性があるため、しつこすぎないように留意しておきたいですね。

しっかりとしたサービスが受けられなくる場合がある

前述していますが、不動産会社が実際に仲介手数料を受け取れるのは、無事成約をしてからです。成約しなければ仲介手数料が受け取れないのです。

不動産会社は不動産を売り出すために、広告費を払ったり、営業のための人件費などがかかっています。いわば、不動産会社の努力や成果を、安く見積もっていると思われかねません。

結果的にサービスの対価をしっかりと払ってくれる、他の物件に力をいれてしまいます。値引き交渉によって値引きがでたしても、しっかりとしたサービスを受けられなくなる可能性が高くなるデメリットを忘れないでおきましょう。

ただし、取引価格が高額であれば、比例して仲介手数料も高くなるため、多少の値引きは行ってくれるでしょう。

良くある質問と回答

どれくらい値引きしてくれるの?

取引金額が高くかつ、すぐに売れそうな物件は比較的、大きな割引も行ってくれやすいでしょう。ただ、不動産会社によって異なるため、ピンキリです。

どうやって交渉したらいいの?

不動産の一括査定サイトを利用しましょう。査定を申し込み時の備考欄に、『仲介手数料の値引き希望』と明記しておくと良いです。

ネット上で、仲介手数料の値引きの打診が行えるため、対面では言いにくい希望も伝えられます。

まとめ

仲介手数料の値引き方法について解説してきました。

仲介手数料の値引きは可能ですが、値引き交渉によって充分なサービスが受けられなくなったり、関係性が悪くなってしまうデメリットがあるので、しつこい値引き交渉はやめましょう!

仲介手数料を安くしてくれる不動産会社は、不動産の一括査定サイトでかんたんに探せます。一括査定サイトは無料で、スマホから申し込みも可能です!

また、一括査定サイトの申し込み時の備考欄に、『仲介手数料の値引き希望』と明記しておけば、ネット上で仲介手数料の値引きの打診ができるためおすすめです!

以上、仲介手数料の値引き方法についての解説でした。

おすすめ一括査定サイト

HOME4U 運営歴と査定実績No.1で安心

HOME4U
  • 査定対象:一戸建て・マンション
  • 提携業者:900社以上
  • 対応地域:全国
  • 最大6社に一括査定依頼
  • 最短60秒で査定依頼可能
  • 運営:2001年~ 累計20万件以上査定

イエウール

  • 査定対象:一戸建て・マンション・土地
  • 提携業者:1400社以上
  • 対応地域:全国
  • 最大6社に一括査定依頼
  • 最短60秒で査定依頼可能
  • 運営:2013年~ 累計1000万人利用

リビンマッチ不動産価格の満足度1位

  • 査定対象:一戸建て・マンション
  • 提携業者:1300社以上
  • 対応地域:全国
  • 最大6社に一括査定依頼
  • 最短45秒で査定依頼可能
  • 運営:2006年~ 年間440万人利用
  • この記事を書いた人
渡辺歩

渡辺歩(わたなべあゆみ)

祖母のビルの運営がきっかけで不動産業界を徹底的に勉強。ビルの運用、中古の一軒家売却、新築の一軒家を購入した経験あり。 多数の不動産会社関係のメディアやHPにて実名での記事を執筆。 自分自身、知識が無いときに不動産を売却して後悔したことがあるので、同じような立場の方に良い情報を提供できるよう努めています。

-不動産売却の悩みとトラブル

Copyright© カンタン不動産売却 , 2018 All Rights Reserved.