カンタン不動産売却

一戸建てやマンションなど、家を高く売る!

信頼できる『不動産会社』と『営業担当者』の選び方!業者を探す際の3つのポイントと注意点も紹介!

更新日:

信頼できる『不動産会社』と『営業担当者』の選び方!業者を探す際の3つのポイントと注意点も紹介!

信頼できる不動産会社をさがすには、まず複数の不動産会社に査定を依頼して相場を把握していきましょう。まとめて査定を依頼できる「一括査定サービス」が便利ですよ。

査定結果から、なぜこの査定金額なのか、根拠をしっかり説明してくれる不動産会社は信頼できますよね。

他にも、信頼できる不動産会社の探し方や、信頼できる担当営業の見極め方などをかなり専門的なところまで解説しています。

解決方法が書かれているので不動産会社選びにお悩みの人は、ぜひ読んでみてくださいね。

不動産会社を探す際の3つポイントと注意点

不動産会社を探す際の3つポイントと注意点

不動産会社を探すときに気を付けておきたいポイントと、注意点について解説していきます。

【ポイント①】査定してもらう場合は必ず複数社に依頼する!

自分の家の客観的な価値を知らなければ、不動産会社がだした査定額が適正であるか、安く見積もられているのかどうかがわかりません。

そのため複数の不動産会社に査定を出してもらい、それぞれの査定結果を比較することが大切です!

しかし1社1社の不動産会社をめぐって、査定を出してもらうのは大変です。相場を知るためには、自分で徹底的に調べあげていくことが必要ですが、それでは売却までに膨大な時間がかかってしまいます。

ではどうすれば良いのかというと、現在、不動産売却の「一括査定サイト」と呼ばれるインターネットを利用したサービスが普及しています。スマホやパソコンから売りたい物件情報を入力するだけで、不動産(一戸建て・マンション・土地など)の価値をすぐに把握でき、複数の不動産会社にまとめて査定を依頼することもできます。

これまでは、直接不動産会社に行き依頼するということを行ってきましたが、現在は、不動産を売却するほとんどの方が「一括査定サイト」利用しています。

理由はもちろん、スマホやパソコンがあれば、いつでもどこからでも査定を依頼することができ、そのまま売却をサポートしてくれる不動産会社と契約できるためです!しかも無料で利用できるので便利ですよ。

不動産売却の「一括査定サイト」について詳しくない方は、以下の記事をご覧ください!

CHECK
不動産売却の流れ!初心者にも分かりやすく解説!
不動産売却の一括査定サイトとは?使い方の流れやメリット・デメリットを紹介!

不動産を売却するためのサービス『一括査定サイト』について解説していきます。 家、マンション、土地など不動産の売却方法で、どうすれば良いのか分からないという方に、読んで頂き、少しでも役に立つことが出来た ...

【ポイント②】自分が売りたい物件が得意であるか確認する!

ほとんどの不動産会社は、売却や賃貸物件の紹介を行っていますが、一部の不動産会社では賃貸しか取り扱っていないところもあります。

そのため、不動産会社を探すときは、自分が売りたい物件の売却が得意であるかどうかを確認しておきましょう。例えば、一戸建てを売却したいのであれば、一戸建ての売却に得意な不動産会社に依頼するようにしましょう!

ではどのように得意であるか確認するかというと、不動産会社のホームページやチラシ、店舗に貼りだされている情報から、不動産の得意な売却方法を確認しておきましょう。

ホームページやチラシに掲載されている情報が、マンション中心であればマンション販売に力を入れており、販路が広い可能性があります。

一方でマンションの売却が多い不動産会社に、一戸建ての売却を依頼しても、顧客がなかなかみつからない可能性もあるというこです。

いちいち調べるのが面倒であれば、「一括査定サイト」から探すことをオススメします。「一括査定サイト」では不動産会社の紹介文などから、得意分野がわかります。

【ポイント③】査定結果に根拠があるか確認する!

査定金額ばかりに目がいきがちですが、査定結果にしっかりとした根拠があるかを確認するようにしましょう。

たとえば4社に査定を依頼して、査定価格がA社3,000万、B社2,900万、C社2,800万、D社4,000万という結果になったとします。D社の査定価格が高く、他の不動産会社よりも魅力的に見えますよね。

しかし、重要なことは査定結果だけではありません。なかには契約してほしさに、高い査定価格をあえて提示する業者もいます。

市場よりあきらかに高い金額で家を売りだしても、当然売れません。結局時間だけが経ち、大幅に値下げを要求されることになってしまいます。

「なぜ他社より査定価格が高いのか」「なぜこの査定価格なのか」について明確な回答をもらえない場合は、契約はやめましょう!また、最近の取引事例の動向や、エリアに多く顧客をかかえているかなど、納得できる根拠があるのかチェックしていきましょう。

大切なことなのでもう一度いますが、査定結果だけをうのみにしないように気を付けていきましょう。

不動産会社を紹介してくれる「一括査定サイト」を探す

おすすめの「一括査定サイト」を探すことができます。

信頼できる「不動産会社」の選び方

信頼できる「不動産会社」の見極め方

良い不動産会社であるかは、どうやって判断していったら良いのでしょうか?接客の印象以外に、良い不動産会社を見極める方法を説明していきます。

まずは、過去に「行政処分」の経験がないか確認する

売却の代理や媒介を行う不動産会社は、「宅地建物取引業者」の免許が必要です。法令を違反した場合、行政処分が行われます。

以下のようなトラブルがあったり、業者が暴力団関係者だったりして行政処分が行われているようですので、過去に行政処分の経験がないか確認しておくと安心です。

ポイント

  • 契約が成立していないの仲介料を請求した(売買が成立しなければ不動産会社は仲介料を受け取れない)
  • 重要事項説明を行わなかった(不動産会社は売買契約の際に重要事項を説明しなければならない)

行政処分歴の確認方法

行政処分歴の確認方法は簡単で「国土交通省ネガティブ情報等検索サイト」にアクセスして、検索条件に不動産会社名や処分等の種類を入力するだけで検索することができます。

※国土交通省ネガティブ情報検索システムでは、最近5年分の行政処分等情報を検索できます。

国土交通省ネガティブ情報検索システムの検索入力画面

また、同様に「東京都 宅地建物取引業者の免許情報提供サービス」でも確認できるので、不動産会社と契約する前に、両方のサイトで調べておきましょう!

悪質な不動産会社に騙されないためにも、上記のサイトで検索しておきましょう。5年以上前の行政処分歴を知りたい場合は、国土交通省に問い合わせてみてください。

ホームページが見やすいか確認する

今はネットで情報収集する人が増えているため、ホームページに力を入れている不動産会社は、売却が有利になりやすくなります。

物件情報の更新頻度が高ければ、営業がこまめにされていることもわかります。またブログなどのコンテンツが盛りだくさんのホームページは、サイトのユーザーが多い傾向があるため集客がみこめます。

家の購入は、人生で大きな買い物となります。取引するにあたって、スタッフがどのような人物なのか確認できると安心ですよね。

ホームページにスタッフの写真が掲載されているかも確認しておきましょう。写真が掲載されているということは、やはり信頼に繋がります!

アフターサービスについて明記されているか確認する

不動産売却にあたって不安なことといえば、売却後のトラブルです。

売却をしたあとに、家に事前に伝えていなかった明らかな不具合や故障がみつかった場合、売主が修理する責任が発生することがあります。

ポイント

  • 引き渡し後に壊れてしまった設備については、一般的には引き渡し日から7日以内に故障の申し出があった場合のみ売主負担となり、それ以降は買主側に負担になることが多い

こういった、売主が負担しなければならない修理が発生したときも、売主の代わりに修理を負担してくれるアフターサービスを実施している不動産会社が増えています。

売却後にトラブルがおきる可能性があるため、アフターサービスが充実している不動産会社を選択できると嬉しいですよね。

買主側のアフターサービスが充実しているのは、買主側にとってもメリットが多いため、売却もスムーズにできる可能性も高くなります。

アフターサービスについては、ホームページや、スタッフにどのような制度があるのかを確認しておきましょう。

サービス内容は不動産会社によって異なるため、アフターサービスが受けられる期間・回数・内容も必ずチェックすることを忘れないでください。

不動産売却に関わる業種と連携しているか確認する

不動産売却には、さまざまな法律や税制度が絡んできます。不動産売却では、司法書士に登記やローン(抵当権抹消)の手続きを依頼するので、紹介してもらえる司法書士がいると便利です。

ほとんどの不動産会社では司法書士や税理士と提携していますが、紹介を受けて手続きを依頼するだけで、制度については「相談」ができない場合があります。

とくに、不動産売却で多い相続は、制度が複雑なため不動産会社や本人だけでは、わからないことが多々あることが予想されます。

そのため、司法書士や税理士などと連携していて、かつ相談できる不動産会社を選ぶと良いでしょう。

また離婚や、破産など複雑な事情があるケースは、法律の専門家である弁護士に相談できる不動産会社を選ぶとスムーズです。

会社の場所が分かりやすいところにあるか確認する

名が通っていたり、実績があったりする不動産会社は心配ありませんが、新しくて地元の人間も知らない不動産会社は、どんな会社かよく調べてから依頼するほうが良いです。

ひとつの目安として「住所」を確認してみましょう。駅近くでアクセスしやすい場所の1階に事務所を構えていれば、人通りも多く安心です。

しかし、人通りがなく雑居ビルの2階以上に事務所がある場合は、社名を変更しながら転々としている悪質業者の可能性があるため、不動産会社の住所も留意しておいたほうが安全です。

信頼できる「営業担当者」の選び方

不動産会社自体は評判が良くても、サポートしてくれる担当者が良くなければ意味がありません。ここでは、信頼できる営業担当者を見極める方法について解説します。

親身になって相談に乗ってくれるか確認する

どのぐらいで売りたいか、時期はいつまでかなど、こちらの希望についてしっかりヒアリングをしてくれる人は、好印象ですよね。

さらに、難しい要望については断るだけではなく、なぜ無理なのかを説明してくれる人は営業が上手い人です。相談した内容について答えず、査定金額や条件、自社のアピールばかりしてくる業者はやめておきましょう。

ノルマがきつく、とにかく数をこなすだけの営業だったり人手不足の可能性が高く、後々でトラブルが起きる可能性もあります。

電話やメールで問い合わせした際に丁寧であるか確認する

連絡のレスポンスが早くて、的確な担当者は信頼できます。

反対に、こちらの連絡に対する返事が遅かったり、問い合わせの返答が的外れだったりすると、売却のスケジュールにも支障が及ぶ可能性があります。

家の売却は、動くお金が大きいこともあるため、自分のストレスが溜まってしまいます。

またせっかく購入希望者があらわれても、連絡事項がスムーズに行われないので、買主候補を逃してしまうリスクも……。

連絡が遅い人は避けておいたほうがいいでしょう。

専門的な用語について質問してみる

不動産はひとつとして同じものがないことや、地域ごとに決められたルールがあるため、非常に複雑です。

不動産取引の専門資格である「宅地建物取引士」の資格所持者でも、経験がないと問題に気付けないこともあります。また、そもそも宅地建物取引士の資格を所持していない従業員もいます。

不安に思ったら、「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)って何ですか?」「売却後に受けられる所得税の特別控除は何か適用されますか?」など踏み込んだ質問をして、受答えから判断をしてみても良いかもしれませんね。

得意なエリアを確認する

不動産会社には、店舗や事務所ごとによって営業エリアが細かく設定されている場合があります。同じ市でもエリアが異なるケースもあるため、まずは自分の家が不動産会社の営業エリア内か、確認しておきましょう。

対応エリアであることがわかったら、次は不動産会社の得意エリアを確認していきましょう。

特定地域の物件を取り扱っていると、そのエリアを希望している顧客が集まり、家が売れやすくなる傾向があります。

近所の物件の取引歴や、物件をさがしているお客さんがいるかどうかを聞きだして、得意なエリアか調べておくと良いですよ。

また、不動産会社まで下見にいけるのであれば、店舗に貼りだされている物件情報の住所をみれば、力を入れているエリアがわかります。

宅地建物取引士の資格を持っているか確認する

不動産の販売や賃借など、取引に関する基本的な法律や知識を学んでいる「宅地建物取引士」の資格を持っている人だと安心です。

不動産会社の従業員全員が、必ず宅地建物取引士の資格を持っているとは限りません。相談や営業は資格を持っていない人でも行えます。

営業は通常の従業員が行い、売買契約を結ぶときだけ宅地建物取引士を持つスタッフが取引をすすめるパターンも存在します。(※売買契約を結ぶ時には不動産会社に重要事項説明が義務付けられているため、宅地建物取引士が必要)

自分の担当する従業員が、「宅地建物取引士」の資格を持っているかどうかを、不動産会社選びのポイントのひとつとしておきましょう。

宅地建物取引士の資格以外に、「ファイナンシャルプランナー」や「住宅ローンアドバイザー」などの資格を持っているとより心強いです。ファイナンシャルプランナーは、教育費や年金など家計全般の相談ができ、住宅ローンアドバイザーは住宅ローンの返済額や自分に合ったローン商品についてアドバイスがもらえます。

家の売却時には、お金に対する疑問や不安が増えがちです。相談できると嬉しいですよね。

資格をもっていなくても、ファイナンシャルプランナーと相談できる機会を設けている不動産会社もあります。

不動産会社のホームページのスタッフ紹介や、査定依頼するときに希望を伝えてみましょう。

不動産会社について良くある質問

良くある質問

Q.不動産会社の免許番号で信頼できるか分かる?

不動産の売買を代理・媒介を事業として行うには「宅地建物取引業」と呼ばれる免許が必要です。(※賃貸業は除く)

宅地建物取引業の免許がない不動産会社は違法業者である可能性があるため、注意しましょう。

建物取引業の免許は2つ以上の都道府県に事務所がある場合は、「国土交通大臣」から、それ以外は、事務所がある都道府県知事の免許を受けます。

宅地建物取引業の免許番号は、不動産会社のホームページや広告などに、「国土交通大臣免許(1)○○号」「東京都知事免許(2)〇〇号」などと番号が記載されています。

5年ごとに免許の更新があり、更新すると(1)、(2)など()のなかの数字が増えていきます。

したがって数字が大きいほど、業歴が長くて安心であるといわれています。

しかし、事業が拡大したり、法人化したりすると免許がリせットされるケースもあるため、免許番号の更新回数だけでは信頼性をはかることは難しいです。

免許番号だけで判断するのは、やめておきましょう。

Q.大手と地域の不動産会社はどちらがいいの?

大手か、地域か不動産会社を選ぶときに悩んでしまいますよね。大手にも地域にもそれぞれメリット・デメリットがあります。かんたんにメリットとデメリットを以下にまとめました。

迷った場合は、大手と地域、双方の不動産会社に査定を依頼すれば、どちらが良いが判断しやすいでしょう。

大手不動産会社を選ぶメリット・デメリット

メリット:

  • 顧客数が多く、売れやすい
  • 広告が充実している
  • 名が知れているため安心感がある

デメリット:

  • ノルマがきつく小さい取引は対応が雑になる可能性がある
  • 担当の能力の差が大きい

地域の不動産会社を選ぶメリット・デメリット

メリット:

  • 特定のエリアの売却が得意
  • 地域のコネクションから客がみつかることがある
  • エリアの学区・治安などに詳しい

デメリット:

  • エリアから遠い物件の売却は難しいことも
  • 広告が限られてしまう

Q.両手取引を行う不動産会社はやめたほうがいいの?

不動産会社は成約したとき、依頼者から仲介手数料を受け取ることができます。

売主、買主ともに自社でみつけることができて、売主と買主のから仲介手数料がもらうことを「両手取引」といいます。売主は自分でみつけて、買主は他社からの紹介で仲介を成立した場合は「片手取引」といわれています。(買主と売主が逆のパターンも含む)

日本では両手取引が多く、利益を優先するために他社からの紹介を「もう売れてしまった」「売却が中止になった」などと断る、囲い込みと呼ばれる営業方法が問題となっていました。

しかし、現在は不動産業者の物件情報システム「レインズ」の規定が厳しくなってきたこともあり、囲い込みは難しくなっていると思われます。

そのため不動産会社の対応や、実績、査定額の根拠などから信頼できるかを判断していったほうが良さそうです。

「両手取引」と「片手取引」については、以下の記事で詳しく解説しています。

CHECK
『両手取引』と『片手取引』について解説!契約する際は行政処分歴を確認!
不動産会社の仲介『両手取引』と『片手取引』について解説!契約する際は行政処分歴を確認!

不動産会社の仲介には「両手取引」と「片手取引」の2つがあります。現在、日本の不動産取引のほとんどが、両手取引で行われています。 両手取引は、「売主」と「買主」の間に1社の不動産会社が入る取引で、双方か ...

現在ではソニー不動産のように、片手取引を専門のエージェント制度を導入している不動産会社も存在します。エージェント型の不動産会社は、売主のためだけに動いてくれるため、売主側の希望が通りやすいメリットもあります。

両手取引に不安感が強い人は、エージェント制の不動産会社を選択肢に入れておきましょう。

『ソニー不動産』については、以下の記事で詳しく解説しています。

CHECK
ソニー不動産
『ソニー不動産』の評判とメリット・デメリットを紹介!エージェント制度に対応した不動産無料査定サイトだから安心!

『ソニー不動産』は、ソニーグループの不動産会社が運営している不動産無料査定サイトです。 不動産売却経験者を対象にしたインターネット調査にて、「おすすめしたい不動産仲介会社」、「スピーディに売却できた」 ...

Q.不動産会社はどこに依頼しても変わらないの?

ひとえに不動産会社といっても本当にさまざまな会社があります。賃貸業や大家業の専門であったり、マンション専門であったり、得意分野も不得意分野も異なります。

なかには悪質な不動産業者もいるため、不動産会社選びはとても重要です。

また売却には人と通じて営業を行うので、担当の営業力にも左右されてしまいます。

失敗しないためには、複数の不動産会社に査定依頼して比較・検討をしていかなければいけません。

まとめ

不動産会社を1社だけに査定してもらったところで、査定結果が適切であるかは判断できかねます。

とにかく複数の不動産会社に査定をしてもらうことが、不動産会社を探す際には特に大切です。

また、不動産の得意分野や、得意エリアも異なるため、あらかじめホームページなどを確認しておくと安心ですね。

他にも行政処分歴がないか、宅地建物取引業の免許を所持しているか、担当営業が宅地建物取引士の資格をもっているかなど、基本的な部分もチェックをしてきましょう。

以上、信頼できる不動産会社の見極め方についての解説でした。

おすすめ一括査定サイト

HOME4U 運営歴と査定実績No.1で安心

HOME4U
  • 査定対象:一戸建て・マンション
  • 提携業者:900社以上
  • 対応地域:全国
  • 最大6社に一括査定依頼
  • 最短60秒で査定依頼可能
  • 運営:2001年~ 累計20万件以上査定

イエウール

  • 査定対象:一戸建て・マンション・土地
  • 提携業者:1400社以上
  • 対応地域:全国
  • 最大6社に一括査定依頼
  • 最短60秒で査定依頼可能
  • 運営:2013年~ 累計1000万人利用

リビンマッチ不動産価格の満足度1位

  • 査定対象:一戸建て・マンション
  • 提携業者:1300社以上
  • 対応地域:全国
  • 最大6社に一括査定依頼
  • 最短45秒で査定依頼可能
  • 運営:2006年~ 年間440万人利用
  • この記事を書いた人
渡辺歩

渡辺歩(わたなべあゆみ)

祖母のビルの運営がきっかけで不動産業界を徹底的に勉強。ビルの運用、中古の一軒家売却、新築の一軒家を購入した経験あり。 多数の不動産会社関係のメディアやHPにて実名での記事を執筆。 自分自身、知識が無いときに不動産を売却して後悔したことがあるので、同じような立場の方に良い情報を提供できるよう努めています。

-不動産売却の悩みとトラブル

Copyright© カンタン不動産売却 , 2018 All Rights Reserved.