カンタン不動産売却

一戸建てやマンションなど、家を高く売る!

信頼できるリフォーム会社選びの方法!おすすめ業者や注意すべきポイントを紹介!

更新日:

信頼できるリフォーム会社選びの方法!おすすめ業者や注意すべきポイントを紹介!

リフォーム会社を探すなら、スマホやパソコンから簡単に見積もりができ、おすすめのリフォーム会社を最大5社紹介してもらえる『リショップナビ』を活用すると良いです!

こんな人におすすめ

  • リフォーム会社の探し方が分からない
  • リフォーム会社探しに時間を掛けたくない
  • 費用や工事内容を徹底的に比較したい

リフォーム会社を選ぶときには、見積もりを詳細に行ってくれるか、また工事後のアフターフォローの有無リフォーム瑕疵(かし)保険を利用できるかなどを確認していくと確実です。

この記事ではリフォーム会社の探し方や信頼できるリフォーム会社を見極める方法を紹介します。

リフォーム会社の種類を紹介!

リフォーム会社と言っても、さまざまな形態があります。リフォームを行ってくれるからといって、なにも考えずに契約するのは、失敗の原因になります。

ここでは、リフォームを行ってくれる業者の種類を紹介します。

リフォームを依頼する前にどのような種類があるのかを理解しておくこと良いでしょう!そして、リフォームを成功させるには、自分の希望と近い業者を選ぶようにしましょう。

おすすめは「建築事務所」に依頼するのが良い!

デザインにこだわるなら建築士がいる事務所がおすすめです。デザイン・設計は建築事務所がして、施工は基本的に建築事務所の下請けの施工会社に行います。

  • 雑誌に掲載されているようなお洒落な家が実現可能に
  • デザインに特徴がだせる
  • コストが高くなる可能性がある

家全体を大規模なリフォームをするのであれば、建物全体のデザインのバランスを考えてくれる建築事務所が良いでしょう。

細かい仕切りの多い部屋を、広いLDKに改築したり、和室を洋室にリフォームしたりなど、流行のデザインを取り入れた、新築の家のようにリノベーションをするのが得意です。

なかでも、リフォームやリノベーションに力を入れている建築事務所を選択すると良いです。ただし、建築士の好みがデザインにあらわれやすいため、自分の好みと合うかどうか、事前に施工写真を確認しておくことをオススメします。

工務店

設計から施工までを総合的にすべて自社で行っているのが工務店です。

  • 設計から施工までを同じ会社が管理、進行していくため安心感がある
  • 費用が安くなるケースがある
  • 地域密着型なところがあるため
  • 接客のあたりはずれは多い

工務店は下請け業務が中心の会社が多いため、デザインは今ひとつといった評判があります。

最近では、設計担当者がいてデザイン面も優れた工務店も増えてきているようです。

リフォーム会社

リフォーム会社はリフォーム専門の改修のプロです。通常、営業や設計などをリフォーム会社が行い、施工は下請け会社が行います。

  • 接客の質は良いところが多い
  • 改修の知識が豊富なのでリフォームの相談がスムーズ
  • 下請け会社に当たりはずれがある場合も

リフォーム会社は営業に力をいれてることもあり、接客がよく、リフォームに関してのプロなのでこちらの意図を汲み提案をしてくれる傾向があります。

ただし、営業をしたあとは下請け会社に丸投げするような悪質な業者もあるので、しっかり対応してくれそうか、人柄もチェックしておきましょう。

大手メーカーや建材手・設備メーカー

総合メーカーのリクシルや、大手電機メーカーのPanasonicなどもリフォーム事業を展開しています。グループ、系列会社を含めるとたくさんの会社が存在します。

  • 全国にショールームを持っている
  • 施工業者も質がある程度保証されている
  • 価格はやや高めになる傾向がある

大手だけあって全国にショールームがあるため、具体的なリフォームのイメージが持ちやすいです。また自社の評判が悪くなる恐れがあるため、基本的に設備や下請けの施工会社も質がある程度は保証がされています。

ただ、費用はやや高めになってしまう可能性が高いです。

信頼できるリフォーム会社を探す方法!

近所にリフォーム会社があったり、知り合いに紹介してもらえるのであれば良いのですが、本当に信頼しても大丈夫なの?と心配になるかと思います。

なかにはお金をもらって、悪質業者を紹介されるというケースが多いので注意したいところです。

そこでここでは、信頼できるリフォーム会社を探す方法を紹介していきます。

信頼できるリフォーム会社を探す方法として、

  1. 自治体の窓口で紹介してもらえる
  2. インターネットで探す

など、主に2つの方法がありますので、詳しく解説していきます。

①:自治体の窓口で紹介してもらえる

各自治体の窓口で地域のリフォーム会社を紹介してくれます。

やはり、自治体が紹介してくれため、信頼性があります。さらに地元密着のリフォーム会社を紹介してくれるというのが良いポイントです!

地元密着のリフォーム会社は、地元の方々の評判が何よりの会社です。地元の方々を大切にしない会社はすぐに悪い噂が広まり、生きていけません。

つまり、地元密着のリフォーム会社で長年にわたって運営されているところは、信頼できるということです!

ただし、自治体によっては業者の紹介までをしてくれなかったり、対応にバラつきがあったりするかと思います。相談は無料ですので、まずは問い合わせてみましょう。

たとえば、神戸市のすまいの総合窓口では、「建築士」「ファイナンシャルプランナー」などが相談にのってくれるので、とても手厚いです。

②:インターネットなどの評価サイトから自分で探す

現在リフォーム会社を探す方法として主流なのはインターネットです。

おすすめは『リショップナビ』で、最大5社のリフォーム会社を無料で紹介してくれます。公式サイトで、リフォーム事例11,000件以上を掲載しているので、一度確認してみると良いです!

メリットは、スマホやパソコンからいつでもどこでも無料で見積もりを依頼でき、一括で複数のリフォーム会社を紹介してくれるため、自分に合った業者を探し出せることです!

例えば、一社だけに見積もりを出してもらっても、安いのか高いのか比較のしようがありません。『リショップナビ』のように複数の業者を紹介してくれるサービスを活用することで、複数会社に見積もりを出してもらい、そのなかから安い見積もり出してくれた業者を選ぶことができますし、対応の良い業者を自分で選ぶことができます。

『リショップナビ』は、本当に信用できるの?といった声があるかと思いますが、サポート体制が整っており、厳しい審査に通ったリフォーム会社のみと提携しているので信頼性があります!

具体的には、以下の4つの審査基準を通ったリフォーム会社のみと提携しています。

  1. リフォームサービスを提供するにあたり、過去2年以上に「法人」としての活動実績があること
  2. 法律を遵守していること
  3. 保険(建設工事保険・賠償責任保険・リフォーム瑕疵保証)に年間で加入していること
  4. リフォーム工事に必要な資格、免許を保有していること

下記のボタンから『リショップナビ』公式サイトを表示することができますので、気になる方は、是非ご覧ください!

リフォーム会社を選ぶ際の特に重要な3つのポイントを紹介!

リフォーム業は、業者登録制度などがないことから、参入しやすい業界となっています。つまり、それだけ悪質な業者も多くいるということになります。

そんな悪質な業者に騙されないために、特に重要な3つのポイントを紹介していきます。

①:リフォーム瑕疵保険が利用できる業者を選ぶ!

リフォームで工事がきちんと行われておらず、不具合がみつかってしまったら……。と、不安に思う人も多いのではないでしょうか。

不備があった場合、きちんと対応してくれる業者ばかりではありません。

悪質な業者は、あれこれ言い訳をしてきちんと対応してくれないこともあります。またリフォームに欠陥があっても、目に見えなければ何年も気付かない可能性も考えられます。

万が一のトラブルを考慮して、「リフォーム瑕疵(かし)保険」が利用できる業者を選びましょう。

リフォームかし保険に加入していれば、工事に欠陥が見つかった場合に、補修費用等の保険金が支払われ無償で直してもらえます。業者が倒産していても、他の登録業者が補修を行ってくれます。リフォーム工事後に検査があるのも安心です。

ただしリフォームかし保険の保険金は依頼主が支払う必要があります。

費用は以下を参考にしてください。(※保険料と検査費用)

  • キッチンの交換工事・・・ 30,400円
  • 外装(屋根・外壁)の全面改修工事・・・50,500円

ポイント

  • リフォーム会社と契約する前に、必ず「リフォーム瑕疵保険」が利用できるか確認しましょう!

②:必ず複数業者に見積もりを出して貰う!

1社だけだと、リフォームの費用の基準がわかりません。そのため、複数の業者に工事費用の見積もりをだして、相場を把握しましょう。

また、現場を見ないで金額を提示する業者は要注意です!

理由は簡単で、リフォームを行う現場を見て、どのような工事が必要か一つ一つ確認しないと簡単には金額は出せないからです!なかには最初は見積もりを安くして、あとから追加の工事費用を請求してくる業者もいます。

費用が高いのか安いのか安すぎないか、高すぎないかどうかを複数の業者に見積もりにだして。確認をしておきましょう。

③:詳細な見積もりを出してくれる業者を選ぶ!

詳細見積もりの出し方もリフォーム会社によって異なります。

設備、作業代、諸経費などが記載されています。

見積もりには、

  • 商品名
  • 設備の単価
  • 数量(面積・時間)
  • 諸経費(費用の合計の10~15%が相場)
  • 合計金額
  • 有効期限

などがかかれています。各項目を確認しておきましょう。

「工事一式 〇〇円」「浴室全体 〇〇円」など省略してかかれている業者には気を付けてください。具体的に詳細の費用を質問して明確にしてもらいましょう。

リフォームを依頼する際に注意したいこと!

リフォーム会社に丸投げしない!

リフォームがどんどん追加されていって、費用が膨大になってしまった…。と、いったことがないように、あらかじめリフォームする箇所はしぼっておきましょう。

リフォームする箇所をきめたら、さらに具体的なリフォームの希望箇所を決めておくとスムーズです。

たとえば浴室のリフォームを希望するのであれば、「蛇口やシャワーヘッドを最新のものにしたい」「追い焚き機能をつけたい」など、希望を考えていくようにしましょう。

希望箇所を決める際には、予算も決めておき、リフォーム業者に事前に予算を伝えておくと安心ですね。

個人の主観を反映させない!

将来的に売却を考えている、または売却のためにリフォームするのであれば、自分の好みは反映させすぎないようにしましょう。

万人に好まれやすいのは、シンプルなデザインと生活の動線がとりやすい間取り、そして手入れがしやすい設備です。

たとえば、自分が赤が好きだからといって壁紙を赤色にしてしまうは、やめておきましょう。落ち着かなく、圧迫された感じがしています。

また、フローリングが白色だと部屋が広くみえ高級感が増す一方で、ほこりや髪の毛などが非常に目立ちやすく、頻繫に掃除が必要になってきます。

壁紙はアイボリーやベージュなど優しい色、フローリングは中間色を使用するほうが一般的には好まれやすいでしょう。個性的な家は、せっかくリフォームしても売却しにくくなる可能性があります。

モデルルームなどを参考にして、一般的に好まれやすい家へのリフォームを目指していきたいですね。

リフォームの追加を提案してくる業者は注意!

リフォームを依頼した内容に加えて、さらに追加のリフォームをしつこく提案してくる業者には注意しましょう。

「水回りだけでは売れない」「フルリノベーションをしたほうが高く売れますよ」などの提案をされても、想定していなかったものや予算以上のリフォームはよく検討する必要があります。

リフォームした金額分だけ、家高く売却できるとは限りません。リフォームする金額を値引きしたほうが売れやすくなるケースもあるため、依頼する予定の不動産会社に相談してみましょう。

まとめ

リフォーム会社を選ぶときは、まずはどこをリフォームしたいのか、どのように改善していきたいのかを考え、希望にいちばんあったリフォーム会社を選んでいくようにしましょう。

リフォーム瑕疵保険を利用できる業者だと、万が一、欠陥がみつかった場合も補償をしてくれるので安心です。

また、1社の見積もりだけでは、費用の相場や対応の違いが比較できません。必ずリフォーム業者は複数の業者に見積もりを依頼して、見積もり内容をしっかり比較検討していきましょう。

わからないことがあれば、業者に質問をして対応も見極めていきたいですね。

以上、信頼できるリフォーム会社を探す方法の紹介でした。

おすすめ一括査定サイト

HOME4U 運営歴と査定実績No.1で安心

HOME4U
  • 査定対象:一戸建て・マンション
  • 提携業者:900社以上
  • 対応地域:全国
  • 最大6社に一括査定依頼
  • 最短60秒で査定依頼可能
  • 運営:2001年~ 累計20万件以上査定

イエウール

  • 査定対象:一戸建て・マンション・土地
  • 提携業者:1400社以上
  • 対応地域:全国
  • 最大6社に一括査定依頼
  • 最短60秒で査定依頼可能
  • 運営:2013年~ 累計1000万人利用

リビンマッチ不動産価格の満足度1位

  • 査定対象:一戸建て・マンション
  • 提携業者:1300社以上
  • 対応地域:全国
  • 最大6社に一括査定依頼
  • 最短45秒で査定依頼可能
  • 運営:2006年~ 年間440万人利用
  • この記事を書いた人
渡辺歩

渡辺歩(わたなべあゆみ)

祖母のビルの運営がきっかけで不動産業界を徹底的に勉強。ビルの運用、中古の一軒家売却、新築の一軒家を購入した経験あり。 多数の不動産会社関係のメディアやHPにて実名での記事を執筆。 自分自身、知識が無いときに不動産を売却して後悔したことがあるので、同じような立場の方に良い情報を提供できるよう努めています。

-リフォーム

Copyright© カンタン不動産売却 , 2018 All Rights Reserved.