カンタン不動産売却

一戸建てやマンションなど、家を高く売る!

『ホームインスペクション』とは?依頼する場合の費用や必要性・メリットを紹介!

投稿日:

『ホームインスペクション』とは?依頼する場合の費用や必要性・メリットを紹介!

ホームインスペクションとは、雨漏りや外壁の破損、水漏れなどの不具合や劣化を、住宅に精通している専門家に住宅診断してもらうことです。

ホームインスペクションを受けることによって、家にリフォームが必要か、また欠陥があるのかを知ることができます。

例えるのであれば、家の健康診断のようなものですね。

ホームインスペクションを受けていれば、リフォームの必要性を知り、スムーズに売買を進められます。また買主に安心感をアピールできるメリットもあります。

この記事では、ホームインスペクションについて詳しく解説しています。

ホームインスペクションとは?

ホームインスペクションとは住宅診断のこと

ここでは「ホームインスペクション」について解説していきます。

あまり聞きなれない言葉かと思いますが、不動産(一戸建て、マンション等)を売却する際に、この「ホームインスペクション」を”うけたか”、”うけていないか”で、売却価格や、売れやすが大きく変わってきます。

そのため、不動産(一戸建て、マンション等)の売却を検討している方は、是非「ホームインスペクション」に理解しておくことをおすすめします!

それでは、「ホームインスペクション」について解説していきます。

ホームインスペクションとは住宅診断のこと

ホームインスペクションとは、家の屋根・外壁・雨漏りなどの劣化や不具合などがないかを、専門家や建築士による住宅診断をうけることです。

ホームインスペクションをうけることで、家に(一戸建て、マンション等)に

  • 欠陥があるのか
  • 欠陥があるのか
  • 耐震性は大丈夫か

などを知ることができます。

わたしたちが定期的に健康診断を受けるように、家の状態もプロに確認してもらうことで、家の売買を安心してすすめやすいでしょう。

2018年4月よりホームインスペクションの実施有無を説明することが義務化

2018年4月より、中古住宅の売買では「既存住宅状況調査」(ホームインスペクション)を依頼者の希望に応じてあっせん、また既存住宅状況調査を実施しているか説明することが義務づけられました。

まだホームインスペクションは浸透していませんが、これからホームインスペクションを受けることが当たり前になっていくことでしょう。

建築士などが行う客観的な診断を受けることができる

ホームインスペクションは、建築士や「公認ホームインスペクター」と呼ばれる、民間資格をもつ住宅診断のプロに家の状態をチェックしてもらえます。

素人では、実際に雨漏りが起こったり、明らかな不具合を確認できたりしない限りは、自分で家の欠陥に気付くことがなかなかできません。

家は日々、少しずつ劣化していくものです。地震や台風などの災害があるたびに「大きな地震があったら耐えられるのか」「家を売却するときに欠陥がみつかったらどうしよう」と不安に思う人も多いのではないでしょうか。

ホームインスペクションでは目視や専用の機材を使用して、劣化や破損がないかなど詳細に検査してくれます。プロによる客観的な診断をうけることができれば、漠然した不安も解消されます。

リフォームの必要性や改修費用を把握できる

ホームインスペクションを受けることによって、リフォームや修繕がいつ必要なのか、また費用はどれぐらいかかるのかを事前に知ることができます。

一戸建ては、マンションのように大規模修繕計画が決められていないため、外構も外壁も内装をすべて自分で管理していかなければいけません。

またマンションも外壁や共用部分は、積立金から計画修繕が行われますが、部屋部分については個人でリフォームや修繕を行っていく必要があります。

しかし、明確な改修費用がわからないと、どの程度お金を貯めておけば良いのかわかりません。思わぬ欠陥がみつかって想定外のリフォーム費用が必要になり、家計が赤字・・・という事態を招く可能性もあります。

インスペクションでおおよその修繕費用や、改修時期をあらかじめ把握できれば、突然の出費によるお金の不安もなく、家計の管理もスムーズになります。

購入したいマイホームのインスペクションも可能!

ホームインスペクションは、売主側、買主側どちらでも依頼することができます。

例えば、購入したい中古の一戸建てやマンションがあるけど、築年数が少し古かった場合、本当に購入しても大丈夫だろうか・・・といった不安がありますね。そのような場合、ホームインスペクションを依頼することで、欠陥があるかないかを事前に知ることができますので、安心して購入検討を行うことができます。

ただし、買主がホームインスペクションを依頼した場合は、売主の了承が必要です。

ホームインスペクションを依頼する場合は以下の流れとなります。

  1. ホームインスペクションの了承を売主に得る
  2. インスペクションを行っている業者を依頼する
  3. 売主&買主の立ち合いのもと、インスペクション診断を受ける※立ち合いを希望しない場合は検査後に検査結果を聞く

なお、費用は基本的に依頼した側が負担するケースが多いようです。しかし、購入後に欠陥が見つかりトラブルに巻き込まれるといったことを軽減することができますので、心配な方は、ホームインスペクションをうけることを強くおすすめします!

ホームインスペクションをうけることの必要性とメリット

ホームインスペクションをうけることで、以下のようなメリットがあります。

  1. 安心して売却及び購入ができる
  2. 欠陥住宅の売買を行うリスクが避けられる
  3. リフォーム及び改修の見通しをたてることができる
  4. 買主にアピールできる

ここでは、上記のメリットについて具体的に解説していきます。

メリット①:安心して売却及び購入ができる

売却したあとに、何か不具合がみつかったら……と心配になってしまいますよね。家は高額な取引なので、不安も大きいです。思い入れのあるマイホームを売るなら、次の住人にも気持ちよく住んでもらいたいものです。

引き渡しのタイミングで修繕が必要がわかった場合、修繕のために引っ越しや引き渡しのスケジュールがずれてしまうことも考えられます。

事前にホームインスペクションを受けることで、気付かなかった破損や劣化に気付けて、買主側もきちんと診断を受けた家を購入できるのため、安心して売買が行えます。

メリット②:欠陥住宅の売買を行うリスクが避けられる

売却後に欠陥がみつかり、トラブルに発展しているケースもあります。明らかな家の欠陥があった場合、一定期間内は売主側に責任が発生してしまうのです。

ホームインスペクションをうけておくことで、事前に欠陥が分かりますので、売買契約が完了後にトラブルに巻き込まれるケースを軽減できます!

家の売却を終え、一息ついたところで、修繕問題が起これば精神的な負担も大きいでしょう。売却後のトラブル避けたい人には、欠陥住宅の売却を行うリスクを軽減できます。

メリット③:リフォーム及び改修の見通しをたてることができる

いざ、家を売りにだそうとしたときに欠陥や破損がみつかり、リフォームが必要になった場合、売却の期間が予定よりさらにかかってしまいます。

また思わぬ出費が必要になってしまうリスクも潜んでいます。

ホームインスペクション診断では、リフォームが必要か、いつ必要になりそうか、また費用はどれぐらいかかるのか把握できます。

家の売却を今すぐする予定がなくても、先にホームインスペクション診断を受けておけば、リフォームの見通しをもてるので、家の売却を計画的に進めることが可能です。

メリット④:買主にアピールできる

前述で、2018年4月より、中古住宅の売買では「既存住宅状況調査」(ホームインスペクション)を依頼者の希望に応じてあっせん、また既存住宅状況調査を実施しているか説明することが義務づけられたことを紹介しました。

買主側からすれば、欠陥住宅の購入を避けられるため、既存住宅状況調査(ホームインスペクション)を受けている家は魅力的にみえます。また売主側が、透明性がある取引に積極的であると良い印象を与えられます。

既存住宅状況調査と、ホームインスペクションはどちらも家の現況調査する検査です。ただし、中古住宅の売買の際における「既存住宅状況調査」では、講習を修了した建築士のみが調査がおこなます。また既存住宅状況調査の調査方法基準に従っていることが必須です。

中古住宅の売却を検討している場合は、「既存住宅状況調査技術者」を持っている建築士に依頼するようにましょう。

ホームインスペクションに掛かる費用と時間

ホームインスペクションについてとメリットについて解説してきました。続いて、ホームインスペクションに掛かる費用や時間について解説していきます。

検査に掛かる所要時間は2~3時間程度で費用は5万円~10万円

診断内容にもよりますが、30坪程度の平均的な一戸建てで、所要時間は2~3時間程度です。屋根裏や床下も見てもらう場合は+1時間~2時間かかります。マンションの場合は2時間程度を見積もっておけば良いでしょう。

診断するのは以下のような項目です。※診断項目はインスペクションをする会社により異なります

診断する主な部位 診断内容
基礎部分・外壁・屋根・軒裏・雨樋・軒下・バルコニー壁・柱 ひび割れ・欠損・水染み・鉄筋の露出・腐食の有無など
手すり・柵 ぐらつき・腐食部分・変形・破損の有無
サッシ・ドア・シャッター 動作不良
床下 欠損・基礎の露出・シロアリ・防湿措置の有無など
弛み・腐食・シロアリの有無など
給湯・給水設備 漏水・劣化・さびの有無など
換気設備 破損、不良の有無など

費用は、インスペクションをする会社により異なりますが、おおよそ5万~10万程度が相場です。※目視で診断した場合

機材を使用し、詳細な検査をした場合は10万以上の費用がかかるケースもあります。

インスペクションを依頼する方法

インスペクションを業者に依頼する方法を紹介します。

インスペクションを依頼する際の注意点

既存住宅状況調査と、ホームインスペクションはどちらも家の現況調査する検査です。

ただし、中古住宅の売買の際における「既存住宅状況調査」では、講習を修了した建築士のみが調査がおこなます。また既存住宅状況調査の調査方法基準に従っていることが必須です。

中古住宅の売却を検討している場合は、「既存住宅状況調査技術者」を持っている建築士に依頼するようにましょう。

インスペクションを依頼する流れ

ホームインスペクションの流れは以下を参考にしてください。

ホームインスペクションを依頼する際の流れ
①問い合わせ・申し込み
②申し込み
③必要書類を送る(どのような書類が必要であるかは教えてもらえます)
④ホームインスペクションを行う※通常立ち合いをするが難しい場合は要相談
⑤診断結果終了後、その場で診断結果を聞く
⑥ホームインスペクションについての調査報告書を受け取る
⑦料金を支払う

日本建築士事務所協会連合会のホームページから検索する

日本建築士事務所協会連合会』のホームページより、既存住宅状況調査技術者を検索できます。(下記画像)

既存住宅状況調査技術者検索画面

中古住宅の売買における「既存住宅状況調査」を行えるのは、既存住宅状況調査技術者のみです。

「勤務先所在地」に、住所を検索すれば、既存住宅状況調査技術者を所持している建築士をかんたんに検索できます。(下記画像)

既存住宅状況調査技術者検索画面の勤務先所在地入力

NPO法人日本ホームインスペクターズ協会で依頼できる

PO法人日本ホームインスペクターズ協会』は、住宅診断を行いメンテナンスが必要な場所や時期、おおよその費用をアドバイスできる知識を有しているか試験を実施しています。協会の試験をクリアした人は「公認ホームインスペクター(住宅診断士)」を取得できます。

ただし、ホームインスペクターは建築士でなくても、誰でも受験資格があります。よって、建築関係の知識があるとは限らないため注意が必要です。

「ホームインスペクターを検索する」より情報を入力すればホームインスペクターの資格者を探せます。(下記画像)

日本ホームインスペクターズ協会のトップ画面

まとめ

それでは最後に、記事のおさらいをしましょう。

インスペクションとは家の健康診断です。専門家による中立的な視点で家の欠陥や不具合をみつけてアドバイスを受けられます。

  • インスペクションを受けることで、リフォームの必要性・いつリフォームが必要であるか・リフォームのおおよその費用を知れます
  • インスペクショの所要時間は、一般的におおよそ2~3時間です。(一戸建で3時間程度、マンションで2時間程度)
  • 費用は5万~10万。検査用の機械を使用し、詳細な調査をする場合は10万以上する場合も
  • 売主側も買主側、どちらもインスペクションを依頼できる。ただし、買主が依頼する場合は売主の了解を得る必要がある
  • インスペクションを受けることで、リフォームの計画をたての見通しがつき、売却後のトラブルを回避できるので、結果的に売却にもメリットが多くなる
  • ホームインスペクションは広義にわたり、新築の施工検査であったり、耐震性の検査も含まれています。中古住宅の売買における、ホームインスペクションは既存住宅状況調査で、調査は既存住宅状況調査技術者しかできませんので注意が必要です

以上、ホームインスペクションについての解説でした。

おすすめ一括査定サイト

HOME4U 運営歴と査定実績No.1で安心

HOME4U
  • 査定対象:一戸建て・マンション
  • 提携業者:900社以上
  • 対応地域:全国
  • 最大6社に一括査定依頼
  • 最短60秒で査定依頼可能
  • 運営:2001年~ 累計20万件以上査定

イエウール

  • 査定対象:一戸建て・マンション・土地
  • 提携業者:1400社以上
  • 対応地域:全国
  • 最大6社に一括査定依頼
  • 最短60秒で査定依頼可能
  • 運営:2013年~ 累計1000万人利用

リビンマッチ不動産価格の満足度1位

  • 査定対象:一戸建て・マンション
  • 提携業者:1300社以上
  • 対応地域:全国
  • 最大6社に一括査定依頼
  • 最短45秒で査定依頼可能
  • 運営:2006年~ 年間440万人利用
  • この記事を書いた人
渡辺歩

渡辺歩(わたなべあゆみ)

祖母のビルの運営がきっかけで不動産業界を徹底的に勉強。ビルの運用、中古の一軒家売却、新築の一軒家を購入した経験あり。 多数の不動産会社関係のメディアやHPにて実名での記事を執筆。 自分自身、知識が無いときに不動産を売却して後悔したことがあるので、同じような立場の方に良い情報を提供できるよう努めています。

-不動産売却の悩みとトラブル

Copyright© カンタン不動産売却 , 2018 All Rights Reserved.